最先端の豊胸手術とは?

Pocket

豊胸手術は脂肪やヒアルロン酸を注入したり、シリコンなどの異物を挿入することが殆どで、特に脂肪やヒアルロン酸を注入する方法は、半分以上が体内に吸収されるため限界を感じることも少なくありません。
最先端の豊胸手術は、自分の脂肪から抽出した幹細胞を濃縮して、脂肪と共に注入するものです。
高い生着率が期待でき、美容外科だけではなく、総合病院などで再生医療の臨床研究が進められています。

脂肪由来の幹細胞は、体外で培養が可能で、脂肪細胞、肝細胞、心筋細胞などに分化する能力を持っています。
豊胸手術ではその肝細胞を脂肪と混ぜて移植することで脂肪組織の定着は80〜90%なのです。
他にも胸にバッグを挿入して豊胸手術をすることもありますが、このバッグにも技術の進歩があります。
従来のシリコンバッグはカプセル拘縮がことがあり、バッグが破損した場合は中身が漏れる危険もありましたが、それを解消したバッグは固い形状で中身が漏れない安全性があり、感触も柔らかく自然な感触のバッグです。
また、メスや異物を入れることに抵抗がある場合の最先端の豊胸方法は、自分の血液から少血小板血漿と多血小板血漿を遠心分離機で取り出して、特殊な熱処理でジェル化しバストに注入する方法です。
この最新豊胸法であればメスを使用せずに豊胸も可能です。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP