注目記事, 生活情報

歯科開業の立地や保険

Pocket

医師に技術があって最新設備が整っていても、患者が通いにくい場所だと集まりません。
歯科開業の場所を決めるときには、最低限開業予定地周辺の人の流れを調べる必要があります。

歯科医院に通う患者の行動エリアは2キロ半径と言われていて、半径2キロ以内に何世帯住んでいてライバルとなる歯科医院があるかを調査します。

住んでいる世帯数に対し何%の人が医院周辺の道を通るかも調べます。
人の通らないところに歯科医院を建築しても誰も気が付きませんし、普段通る道に新しい店が立つと印象にも残ります。
歯科開業を考えている場所の周辺を散策して、年齢層や人数、人が集まりやすい場所家なども確認します。

歯科医院を企業するときには様々な保険にも加入します。
その中で必ず入った方がよいのが団体信用生命保険です。
歯科開業をするときには立地条件も重要なポイントになります。
資金を借りるときには金融機関から借りることが殆どですが、ローンの契約者が返済中に事故や病気で死亡しても生命保険金で金融機関に借入金を全額してくれる保険です。

受取人は金融機関になって特約料も安くはないですが、家族に借金を残す不安はなくなります。
団体信用生命保険の特約料は全額必要経費になり税金面でも有利です。

他には家族を保険金の受取人とする生命保険の加入や、医療事故が起きたときのために損害保険の歯科医師賠償責任保険にも加入した方がよいです。