注目記事

停電時に役立つ太陽光発電

Pocket

今、節電や省エネなど電力の消費を抑えたり、経済的な安定化を求めるあらゆる工夫が求められています。
その中でソーラーパネルなど【太陽光】による発電が話題をよび、注目を集めています。
とくに重要視されているのは、停電など災害時ではないでしょうか。
そう考えると太陽光を利用して、効率よく蓄電しておかなければなりません。
災害が起こっていない日常では、より経費の節約に利用する必要があります。
災害時では、蓄電されていた電力を有効に利用する必要があるでしょう。
蓄電された電力からの発電が1.5KWを超えていれば、テレビや携帯の充電、冷蔵庫、掃除機など日常使う電気製品はほぼ利用可能とされています。
また蓄電などを考えると太陽光の日照りの強さも影響します。
発電時に電力が1.5KWを下回っていれば機器の動作不良なども起こるでしょう。
今、どこの家庭にもあるパソコンでは内臓されたハードディスクの問題も考えなければなりません。
動作中であれば、突然の停電など電力遮断がおこるとデータの破壊が起こる可能性もあります。そう考えると、太陽光発電は災害時に安定した電力を与え続けられるのか。
また非災害時では日常生活を十分に補える機能の有無がポイントになります。
電力会社から供給される安定した電力との違いを常に考慮しておかなければなりません。