債務整理に必要な弁護士費用とは

Pocket

借金の額が大幅に減ることに期待できる債務整理が任意整理になります。
費用は着手金と報酬金が必要になります。
着手金は1社あたりに掛かることが多く、必ず求められます。
報酬金は交渉によって減額された場合に発生します。
法律事務所によっては、満足できない場合、着手金までも返金できるシステムがあります。

法律事務所の特色を掴んで選んでください。

任意整理は基本、貸金業者や銀行と交渉してそれに応じてくれなければできません。
よって債務整理に長けた法律事務所を選ぶ必要があります。
またそのような法律事務所こそが債務者にとって心の支えになってくれます。
借金生活で苦しい中、弁護士に依頼するとなると、それだけで大きな費用が掛かります。
お金がない人も多いはずです。
債務者の生活が安定するためにも、費用を分割で支払うことができるシステムがある法律事務所が多いです。
必ず債務整理に長けている法律事務所を選ぶようにしてください。

任意整理を依頼する場合は、3年間で元金を返済できる覚悟が求められます。
債務整理といっても任意整理を含めていろんな種類があり、謝金の額や債務者の生活によって選ぶ方法が異なりますので、相談して最良の選択をしてください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP